Paralogoscope (2019), Video Installation, 24 min loop      

by Zakkubalan (Albert Tholen + Neo Sora)

Paralogoscope creates a continuity of logic where there is none, warping the classical techniques of the Hollywood Golden Age—unbroken realism and strict rules of spatial continuity—into an absurdist, cinematic Rube Goldberg Machine. Culled from a myriad of mundane advertising, industrial, and propaganda films that proselytize the self-made myth of America, these images cohere into a continuous, looping sequence: a perpetual cascade of meaningless action that leads nowhere and has no end.

All images courtesy of the Prelinger Archive.

Paralogoscope(不条理鏡)は様々な広告、プロパガンダ、産業推進を目的としたフィルムを用いている。それは、アメリカが描く繁栄の輝かしい表層を表すイメージであり、それらの映像をリアリズムや空間の連続性による黄金期ハリウッドの編集技法によって歪め、映像のルーブ・ゴールドバーグ・マシンを構成したものだ。論理がないところに因果の継続性を持たらされたこれらの映像は、無意味な行為の永続的な配列、終わりのない非在の地点に導かれ、連続しループされたシークエンスへと結実する。

全ての動画はPrelinger Archiveの許可のもとに使用されています。


Exhibitions:

2019.07.27 - 2019.08.18 Dojima River Biennale 2019, Osaka, Japan