Megalopolis - June 17, 2019 (2019) Photo Installation Newsprint, wood. 121.92x72.39cm

In making A.K.A. Serial Killer, Masao Adachi and Masao Matsuda pioneered their “theory of landscape” or fukeiron. It was their way of looking at Japanese rural landscapes, violently unifying as one continuous conurbation, under the power of centralized authority. Through my time in various cities around the world, I have come to sense the violence of standardization of the sort described by Adachi and Matsuda. Starting with this, I drifted around these cities, collecting scenes from places I visit, to merge them into a single, ever-expanding, megalopolis.

足立正生と松田政男が『略称・連続射殺魔』で唱えた風景論では、日本の地方・田舎・都市が全て一連の巨大都市として劃一化していくのは、中央権力の暴力の残渣が積み重なって出来たもの、と言っています。ニューヨークと言う世界権力(少なくとも資本主義による権力)の中心と言っていいような都市で生まれた僕は、昔から色んな都市を行き来してきましたが、日本だけでなく、世界中で足立達が言うような中央権力による暴力的な全世界都市の統一化みたいなものを感じてきています。それは暴力的な構造の中で動いている世界の副作用のようなものだと思います。それらを、psychogeographicな手法(drifting)を用いて、様々な都市で見た風景を集め、一つの大都市にする、そしてその都市は常に拡大してゆきます。


Exhibitions:

2019.07.27 - 2019.08.18 Dojima River Biennale 2019, Osaka, Japan


IMG_1450.JPG