Lake Pleiad.jpg

Neo is a filmmaker, artist, and translator based in New York and Tokyo. In 2015, he shot and co-directed an ethnographic documentary entitled Ainu Neno An Ainu, along with artist collective Lunch Bee House, which he is a part of. Since then, he has directed, shot, and produced short narrative and documentary films, music videos, fashion spots, and a concert film. Neo is also a part of artist/filmmaker duo Zakkubalan and a member of NYC production company Good Baby Films. As Zakkubalan, Neo has exhibited installation work at the Watari-um Museum of Contemporary Art in Tokyo in 2017, and the Reborn-Art Festival. Neo also participated in Talents Tokyo 2017 as a director, and in 2018, he was a resident at Tenjinyama Art Studio.

米国生まれ、日米育ち。コネチカット州ウェズリアン大学で映画と哲学を専攻し、それ以降、フリーランスの映像作家、写真家、そして翻訳家として活動している。2014年より映像プロダクション会社 Good Baby Films を設立。2015年に北海道平取町二風谷で現代に生きるアイヌ民族を撮ったドキュメンタリー「Ainu Neno An Ainu」をアーティストコレクティブLunch Bee Houseと共同制作。日本による植民地主義の歴史に苦しみながらも強く楽しく文化を守り続けているアイヌを追ったこのドキュメンタリーは現在編集中、2018年には完成予定。その他にも短編映画、ドキュメンタリー、PV、ファッションビデオ、コンサートなどをプロデュース。旧来の友人と共にアーティストグループZakkubalanを始め、写真と映画を交差するアート作品を制作。2017年にはワタリウム美術館で作品を展示、同年夏には石巻市で開催されているReborn-Art Festivalに参加し、短編映画とインスタレーションを制作。2017年冬、Talents Tokyo 2017に映画監督として参加した。

neo.sora@gmail.com